食材選びのコツ!美味しい野菜の見分け方

14 1月 2013 | 自炊術 | 読了時間:約6分26秒

一人暮らしで自炊を始めたら、食材選びも重要になります。せっかく料理するのであれば、美味しいものを食べたいですよね。特に野菜はそのままサラダとして食べることもあるので鮮度が命です。

そこで「野菜の見分け方なんてわかんない」という人へ、美味しい野菜の見分け方を紹介します。スーパーに買出しに行くときなど、是非参考にしてみてください。プリントアウトして冷蔵庫の近くに貼っておくと便利かもですよ。

美味しい野菜の見分け方

ニンジン 表面がなめらかで、つやがあるものを選びます。先のとがったものは避け、太くて丸みがあるニンジンのほうが美味しいです。茎の付け根が黒くなっているものは、鮮度が落ちてきているものです。
キュウリ キュウリの表面のトゲトゲが触ると痛いくらいに鋭いものほど新鮮です。形は全体的に端から端まで均一の太さのものを選びます。へたの部分がみずみずしいものは鮮度がいい証拠です。芯の太さは500円玉くらいが目安です。
キャベツ 葉の緑色が濃いものを選びます。キャベツは芯から傷んでくるので、芯の切り口が新しくて黒ずんでないものがいいです。また、春キャベツと冬キャベツでは特徴が違います。春キャベツは弾力性のあるものを選び、冬キャベツは硬くてずっしりしているものを選びましょう。
レタス レタスは、全体的に丸くて形がよいものがいいです。手に持って見てずっしり重く感じるものは、成長しすぎて苦味成分が水分となってレタスの葉に出てきています。そんなに重くない軽めのものを選びましょう。レタスの芯は切り口が白いものほどよいです。逆に赤いものは避けたほうが無難です。
白菜 白菜は外側の葉の色が濃いものがいいです。切り口がみずみずしくて新鮮なものを選んでください。巻きがしっかりしていて、ずっしり重いものがお勧めです。葉と葉の間に隙間がなく、両手で側面を押してみたときに、硬くて中身が詰まっているものを選びましょう。
トマト へたが付いていない先端部分が星状の線になっているものが甘いトマトです。より線がはっきりしているものがよいでしょう。丸くて重みがあるもので、ヘタの部分が緑色でしっかりしているものを選ぶとよいです。
なす 鮮やかな紫色でつやがあるものを選びます。へたのトゲトゲが触ると痛いくらいに鋭いものほど新鮮です。へたの切り口はみずみずしくて乾いていないものを選びましょう。手に持って重みがあるものがよいです。
たまねぎ たまねぎは、全体的に丸みがあるものがよいです。皮につやがあって、傷の少ないものを選ぶようにしてください。芽が出てしまっているものは、栄養分を取られてしまっているので、味も香りもよくないです。
大根 大根は葉を切ってあるものよりも、葉が付いているものの方がよいです。葉の色が濃い緑色のものを選ぶようにしてください。大根の付け根にあるひげが少ないもので、手に持ってみたとき、ずっしりと重みがあるモノを選ぶとよいでしょう。
ジャガイモ 皮が薄くて表面にしわが少ないものがよいです。緑がかっていたり黒い斑点のあるものは避けます。触ってみた感触が硬くてハリがあるものを選ぶとよいでしょう。
サツマイモ 皮につやがあって色が均一なものを選びます。傷は黒い斑点が多いものは古くなっているので避けます。ふっくらとしていて重みがあるものがよいです。切り口に蜜が出ていたり、表面に密が浮いているのものは糖度が高いサツマイモです。
カボチャ 手にとってみて、ずっしりと重いものを選びます。表面はつやつやしているものがよいです。カットしてあるカボチャは、断面を見て果肉がぎっしり詰まっていて色が濃いものを選んでください。
ピーマン 濃い緑色でムラがないものを選びます。全体的にハリがあり肉厚なものを選ぶとよいでしょう。へたの部分を見て、切り口が乾燥しているものではなく、みずみずしいものを選んでください。
ほうれん草 葉が濃い緑色で、みずみずしいものを選びます。茎が細くて長いものよりも、茎がしっかししたものを選んだ方がよいです。
ブロッコリー 丸みがあって硬く盛り上がったものを選びます。色は緑色が濃いほうがいいです。つぼみが黄色くなってきているものは鮮度が落ちています。切り口がみずみずしく空洞のないものを選ぶとよいでしょう。
ごぼう 土が付いているものを選んだ方が、栄養分が残っていて長持ちします。傷があまりなく、ひげの少ない物を選ぶとよいでしょう。
ネギ 全体的にハリがあり、みずみずしいものを選んでください。触ってみた感じが弾力のあるものがよいです。また白い部分が長くて、緑の部分との境目がはっきりしているものを選びましょう。
セロリ 葉っぱの色が鮮やかなもので、ハリがあるものを選びます。茎の部分が白ければ白いほど甘みがあります。茎が太くて筋がはっきりしているものを選ぶとよいでしょう。
パセリ 濃い緑色でみずみずしいものを選びます。葉が柔らかくて密集しているものがよいです。黄色い葉があるものは古くなっているので避けたほうがよいでしょう。
レンコン 太くて持ったとき重みのあるものを選んでください。表面の凸凹は少ないほうがよいです。切り口の穴が小さいものを選びましょう。
しいたけ カサの部分が肉厚で、あまり開きすぎていないものがよいです。ひだの部分が茶色く変色しているものは鮮度が落ちているので避けます。手にとってみて重みのあるものを選ぶとよいでしょう。
ズッキーニ 太さが均一で、皮全体につやがあるものを選びます。先端にある切り口が新しいものは鮮度が高いです。変色していたり皮にシワがあるものは避けたほうがよいです。手にとってみて重みのあるものを選ぶようにしましょう。
ニンニク 粒が丸くて大きいものを選ぶとよいです。色が白くて重みのあるものがいいでしょう。皮が変色しているものは鮮度が落ちているので避けた方がよいです。

関連記事