大学などの新生活で上手に友達を作るポイント

15 3月 2013 | ヒント集 | 読了時間:約5分31秒

新生活には何かと不安なことが多いです。特に遠く離れた土地で新生活を始める場合、周りに知り合いがいないので寂しくて不安な気持になるものです。

高校時代から友達作りが得意な方であれば、特に気にすることはないかもしれませんが、人見知りが激しい方であれば友達ができるか不安に感じる方も多いかもしれません。

もう私にとっては結構昔のことですが、自分の経験も踏まえて新生活で友達を作るポイントについて考えてみたいと思います。

新生活で友達を作るためには

大学などの新生活で友達を作るには、以下の2点が基本となります。

  • 自分から誰かに話しかける
  • 相手から話しかけられる

自分から仲良くなれそうな人物を選んで話しかけれる人は、選ぶ相手さえ間違えなければ、普通に友達はできそうな気がします。

ですが、人見知りが激しい方であれば、おそらくは後者「相手から話しかけられる」のを待つ方が多いのかもしれません。

相手から話しかけてもらうには

相手の方から仲良くしようと話しかけられるように、気をつけておくべきポイントについて紹介したいと思います。

不安なことについて、あまり深く考えないようにする

友達ができるかどうか不安な気持を抱えていると、その不安が表情に出て顔が暗くなったり、険しくなったり、挙動不審になってしまうかもしれません。

表情が暗かったり険しかったりすると、周りの人間はどうしても話しかけづらくなります。

友達できるかどうか不安な気持も分かりますが、あまり深く考えないほうが結果的によかったりします。

頻繁にスマホや携帯をいじらない

話しかけづらい人の典型的な例として挙げられるのが、スマホや携帯を常にいじっている人です。

私も一人寂しいときは「別に寂しくなんかないんだからね!」とスマホを操作して寂しくない風を装いますが、自分のことは気にしないでくれ感が出るので、誰かに話しかけられたいのであれば控えめにしたほうがよいかもしれません。

自分の運を信じてみる

相手から話しかけてもらうには、基本的に運の要素が強いです。私の場合は、運がいいのか新生活の初日に家を出て3分くらいで話しかけられました。

そのときの自分は「わあ、今日から新生活が始まるぞぉ」と単純なワクワク感が強く、他のことは正直いって何も考えていませんでした。

傍から見ると「何か能天気なヤツがいるな」と思われるような感じだったので、話しかけやすかったのかもしれません。

自分から誰かに話しかける場合

自分から仲良くなりたいと思う相手に話しかけるときに、気をつけておくべきポイントについて紹介します。

あまり張り切りすぎてガッツかないようにする

あまりに張り切りすぎて、手当たり次第仲良くなろうと話しかけてしまうと、上辺だけの中身がない軽い人間だと思われてしまいます。

また、初日は友達ができていない人が多いので、周りの目を考えると「大学デビューでも狙ってるのか」と冷ややかな目で見られるかもしれません。

話しかけるターゲットは同姓に絞る

異性と仲良くなりたい気持も分かりますが、初日から異性と仲良くなって一緒に行動していると同姓から嫌われることが多いです。

本人は気づいていなくても、知らない人から影で悪口を言われたりします。(実際に経験済み)

最初は気楽に話しかけてみる

知らない誰かに話しかけるときは、いきなり「よかったら友達になってください!」なんて言われると相手も困ってしまうので、まずは気楽に話しかけるのが一番だと思います。

一番手っ取り早いのは、何かしらの質問を投げかけること。「~の場所ってどこにあるか知ってる?」とか、「隣に座ってもいい?」とか、とりあえず簡単な質問から話しかけてみる。

相手の反応が良さそうだったら、「出身はどこ?」とか「サークル入った?」とか仲良くなるために話を広げていくのがベストかなと思います。

大学生活で友達を作りやすい場面・タイミング

大学生活で初めに友達ができるタイミングとしては、「履修するゼミ」「サークル」「住んでいるマンション」で友達になるのが一般的かもしれません。

そこからは仲の良い友達からの派生や、受けている講義によって新たな友達が増えていくのだと思います。

特に「ゼミ」や「サークル」は、初期の友達を作る絶好の機会だと思うので、少しだけ勇気を出して仲良くなれそうな人に話しかけてみてください。

最後に

新生活で友達を作るには、受身でいるよりも、勇気を出して自分から話しかけたほうが確立は高いです。

どちらにしろ、あまり深く考えすぎず、明るく前向きな気持で新生活を始めたほうが何かと上手くいくものです。

急いで友達を作ったとしても、初めにできた友達が、学生生活で一番の友達になるとは限りません。

私の場合がそうでしたが、初めて話しかけられた相手とは、学部も違ったので一緒に遊んでたのは最初の頃だけでした。

スタートダッシュで焦らなくても、話しかけづらい雰囲気さえ作らなければ、そのうち友達は自然にできるものだと思います。

関連記事