一人暮らしにもお勧めの観葉植物

09 2月 2013 | インテリア | 読了時間:約5分14秒

一人暮らしを始めてみて「何か部屋が寂しいな」と感じたら、観葉植物を育ててみてはいかがですか。私も初めて一人暮らしをしたときは、寂しさを紛らわすために観葉植物を育てました。

その時はコツを知らずに水をあげすぎて枯らしてしまいましたが、今ではちゃんと育てられるようになりました。

そこで、一人暮らしでも育てやすいお勧めの観葉植物を紹介します。上手く育てられると楽しいので是非チャレンジしてみてください。

観葉植物の基本的な育て方

観葉植物の基本的な育て方としては、「水やり」「日光」「養分」の3つが基本となります。それぞれの項目について簡単に紹介するので参考にしてみてください。

水やり

観葉植物は水を与えないと枯れてしまいますが、水を与えすぎても根腐れを起こして枯れてしまうのです。基本的には表面が乾いてから水を与えるのが一般的です。

ただし水やりのタイミングはそれぞれの品種によって違うので、品種に合わせて調節してあげる必要があります。タイミングがわからない場合は、ネットで「観葉植物名+育て方」などで検索すると見つかると思います。

日光

観葉植物は暖かい地域で育つ植物が多いので、上手く育てるには日光が必要になります。ただし必要な日光の強さは植物によって異なります。強い日光を好む観葉植物もあれば、木陰のような明るさを好む観葉植物もあります。

日光を当てすぎると葉焼けする場合もあるので、日光に関しても植物に合わせた調節が必要です。

養分

観葉植物を上手に成長させるには養分が必要です。水やりで肥料が流れ出てしまうことがあるので、養分として肥料を定期的に与えます。

ただし、安易にたくさんの肥料を与えればいいというわけではありません。肥料を与えすぎると根を痛めてしまう原因になってしまいます。また肥料は匂いがきついモノもあるので、室内での観葉植物には無臭の有機肥料がお勧めです。

一人暮らしにお勧めの観葉植物

ガジュマル

ガジュマルは、「幸せを呼ぶ樹」とも呼ばれている観葉植物です。沖縄ではキジムナーという木の妖精が住むとの言い伝えもあり、神聖な植物として非常に人気があります。

サンセベリア

マイナスイオンを発生させることでも有名なサンセベリア。空気の浄化を目的にサンセベリアを選ぶ方も多いようです。乾燥気味に育てた方が良いとされている植物です。

モンステラ

切れ込みが入った大きな葉が特徴の観葉植物です。独特の雰囲気をだすことからも人気が高いです。比較的に寒さにも弱い面もありますが、初心者でも育てやすい観葉植物です。

パキラ

パキラは、成長が早く管理しやすい観葉植物です。一本仕立ての他に、三つ編みにしたモノも多いです。乾燥気味に育てるのがポイントです。葉っぱの形が可愛い植物です。

ポトス

ポトスはツル性の観葉植物です。育てやすい観葉植物として人気があります。丈夫で耐陰性があるので比較的枯れにくいです。ただし日光の当てすぎには注意が必要です。

関連記事